<紀要論文>
クリスチャン・イェーガー「構成要件該当性、違法性、および責任 : 「生命対生命」という法学上の葛藤状況における3つの位置づけ」

作成者
本文言語
出版者
発行日
収録物名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
目次 Ⅰ.危険状態にあるすべての人物を救助することが義務衝突により不可能である場合の、構成要件に該当しない不作為の殺害
Ⅱ.他者の救助のために自己の生命が使用されることを権限により行わなかったこと〔=権限ある不作為〕に基づく積極的殺害
Ⅲ.依存関係の欠落における生命葛藤状況での単なる免責された殺害
Ⅳ.最終考察

本文ファイル

p126 pdf 551 KB 327  

詳細

PISSN
NCID
レコードID
査読有無
タイプ
登録日 2019.11.12
更新日 2021.02.19

この資料を見た人はこんな資料も見ています