<紀要論文>
黒澤明とシェイクスピア

作成者
本文言語
出版者
発行日
収録物名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
概要 Kurosawa adapted from Shakespeare, The Throne of blood from Macbeth and Ran from King Lear. The former is said to be one of the best adaptations of Shakespeare. The two works of Kurosawa's were adapte...d on the basis of the Noh style. Therefore, close-ups were seldom used in these films. Kurosawa changed his filming style into full-shot and long-shot from the close-up. Shakespeare's works were written under the reign of Elizabeth I and James I. The period is similar to the Civil War before modem Japan. Noh play was created in wartime, criticizing the Civil War before modern Japan. Noh play was created on wartime, criticizing the vanity of seeking desire of those living, often by the dead. Noh play contains a suitable form of taking a view of uncertainty during wartime.続きを見る
目次 【はじめに】 【原作と映画】 【黒澤の『蜘蛛巣城』】 【シェイクスピアの『マクベス』】 【映画と原作との比較】 【能の様式の採用】 【円環構造】 【シェイクスピアの原作の背景】 【3という数字の象徴的意味】 【黒澤の「乱」】 【シェイクスピアの『リア王』】 【『リア王』に対するイギリスでの反響】 【イギリスにおける舞台の構造】 【イギリスの演劇史と日本の能との接点】

本文情報を非表示

p111 pdf 1.1 MB 2,897  

詳細

レコードID
査読有無
関連情報
地域
主題
ISSN
NCID
タイプ
時代・年代
登録日 2012.08.29
更新日 2020.03.19

この資料を見た人はこんな資料も見ています