<紀要論文>
近似同質遺伝子系統を用いたイネ品種DV85のツマグロヨコバイ抵抗性遺伝子のRFLPマッピング

作成者
本文言語
出版者
発行日
収録物名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
概要 Genetic analyses were carried out to determine the loci of resistance to green rice leafhopper (GRLH) (Nephotettix cincticeps UHLER). Near isogenic lines with GRLH resistance genes were developed by b...ackcrossing four times using GRLH susceptible cultivar, Kinmaze as recurrent parents and DV 85 as a donor parent. Genetic segregation ratios in the backcrossed F_2 populations indicated two dominant complementary genes govern GRLH resistance of DV 85. RFLP analysis revealed that one of the resistance genes was tightly linked with RFLP marker, XNpb144 on chromosome 3, in both of the two backcrossed F_2 populations, and that the other resistant gene was linked with RFLP markers, XNpb181 and G1465 on chromosome 11 in one of the backcrossed F_2 populations. Among the two RFLP markers on chromosome 11, G1465 was most tightly linked to the resistance gene.
ツマグロヨコバイ抵抗性品種DV85を供与親,感受性品種台中65号および金南風をそれぞれ反復親として戻し交配を繰り返し,それぞれの近似同質遺伝子系統であるB_3F_1,B_4F_2を育成した.このうち,3集団のB_4F_2における抵抗性検定の結果,抵抗性個体と感受性個体は103:81に分離し,DV85が示すツマグロヨコバイ抵抗性は独立した2個の優性補足遺伝子を仮定した場合の理論分離比9:7に適合した.そこで,B_4F_28とB_4F_220の2集団において,DNAマーカーと抵抗性との連鎖分析を行ったところ,両集団とも染色体3上のDNAマーカーであるXNpb144がツマグロヨコバイ抵抗性遺伝子と密接に連鎖していた.またB_4F_220の集団においては,染色体11上のDNAマーカーであるXNpb181とG1465でツマグロヨコバイ抵抗性遺伝子との連鎖が見られた.以上の結果から,DV85の示す出穂期前後のツマグロヨコバイ抵抗性は独立した2個の優性補足遺伝子に支配されており,そのうち1個は染色体3上のXNpb144の近傍に位置づけられた.また,ツマグロヨコバイ抵抗性を支配するもう1個の遺伝子は染色体11上のRFLPマーカーG1465の近傍に位置するものと推測された.
続きを見る

本文情報を非表示

p169 pdf 432 KB 341  

詳細

レコードID
査読有無
関連情報
ISSN
NCID
登録日 2012.07.31
更新日 2015.12.07

この資料を見た人はこんな資料も見ています