<紀要論文>
マイクロプレートを利用した血栓溶解酵素活性の簡便な濁度測定法

作成者
本文言語
出版者
発行日
収録物名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
概要 A turbidimetric assay for thrombolytic enzyme was performed in microtiter assay plates, wherein decrease in light scatter at 655 nm of fibrin plates in individual wells at 37℃ was recorded automatical...ly at different times and used as a quantitative measure of fibrin dissolution. Use of an automated microtiter plate reader facilitated this assay considerably and allowed many assays to be performed rapidly, with a large amount of replication. The reliavility of the –ΔOD_<655>, CV%, caluculated by subtracting OD_<655> at individual indicated incubation time in eight microtiter wells from OD_<655> of microtiter wells before adding “natto” extract was found to be in 10% throughtout various degrees of dilution of “natto” extract. Logarithmic values of the degree of dilution of “natto” extract and –ΔOD_<655>/hr showed a linear relation, irrespective of the sample quality, indicating that this is a good method for the determination of thrombolytic activity in “natto” products.
1 )マイクロプレートとプレートリーダーを組み合わせた血栓溶解活性測定法を開発した. 本法は4時間以内に酵素活性を測定でき, 操作も簡便で, さらに基質量もきわめて少量ですみ, 低コストであった. 2 )生理的食塩水で市販納豆から抽出した酵素液で人工血栓は溶解され, 各反応時間後の吸光度を反応開始時の吸光度から差し引いて得られた-ΔOD_<655>値のCV%は, 用いたマイクロプレートの8連のウエルで10%以内となり, 高い信頼度を示した. 3 )-ΔOD_<655>を経時的にプロットすると測定時間内で直線性を示した. また, 単位時間当たりの-ΔOD_<655>の変化率から得られる直線の勾配と粗酵素であっても納豆から調製した血栓溶解酵素濃度の対数値がよく相関した. 4 )各種市販納豆中の血栓溶解酵素活性を測定したところ納豆により大きな違いのあることが分かった. このことより, 本法は血栓溶解酵素活性の測定に適した簡便な方法であることが明らかになった.
続きを見る

本文情報を非表示

p031 pdf 326 KB 963  

詳細

レコードID
査読有無
関連情報
主題
ISSN
NCID
登録日 2012.07.28
更新日 2020.11.17

この資料を見た人はこんな資料も見ています