<紀要論文>
森林地帯における溶存物質濃度と流域面積との関係

作成者
本文言語
出版者
発行日
収録物名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
概要 Distribution of inorganic compounds in the forested catchment was estimated by the relationship between catchment area and concentration of inorganic compounds content in flood runoff water. Water qua...lity about K^+, NO_3^--N, SiO_2 (=inorganic compounds dissolved in interflow) were measured at three points along same stream. They located at the outlets of catchments with different area as each fits the others. The temporal changes and the averages of concentration were analyzed during three rainfall periods. The maximum concentration about K^+ and NO_3^--N were showed before and at 3 or 4 hour after the peak runoff respectively. Temporal changes of concentration about SiO_2 tend to be contrary to the changes of runoff. The average concentration about NO_3^--N showed large value and that about SiO_2 showed small value as increment of catchment area. These analyses led that the catchment area was efficiency to the concentration of inorganic compounds in runoff water according to the roots of interflow in soil layers.
溶存物質濃度の時間的変化について, 各溶存物質ごとに固有の変化が示され, 土層中における無機物の分布範囲を表わす結果となったが, 流域面積との関係はみられなかった. 平均濃度については, 流域面積との応答関係が示され, SiO_2では, 流域面積と正の相関がみられた. また, 深部に位置する土層内に分布する無機物質の方が, より流域面積の影響を受ける傾向があることが明らかになった. 本研究では3流域での結果にもとづいているため, 流域面積と溶存物質濃度との関係について, 定量化にはいたらなかった.今後, 流域面積の異なる多くの流域において, 渓流水だけにとどまらず, 表面流出, 中間流出, 地下水流出の各流出の溶存物質について調査することが, 必要であると思われる.
続きを見る

本文情報を非表示

p149 pdf 308 KB 165  

詳細

レコードID
査読有無
関連情報
主題
ISSN
NCID
登録日 2012.08.02
更新日 2020.11.02

この資料を見た人はこんな資料も見ています