<紀要論文>
アクセント史料として見た平曲譜本

作成者
本文言語
出版者
発行日
収録物名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
目次 一、はじめに
二、アクセント資料として見た各譜記の意味
三、譜記型式のユレとアクセント
四、譜本の種類と型のユレ
五、いつ頃のアクセント資料か : その多様性
六、アクセント史料としての意義
七、参考文献 : 九大本『平語』の一部

本文ファイル

pdf p001 pdf 1.91 MB 159  

詳細

PISSN
NCID
レコードID
登録日 2019.08.19
更新日 2020.09.28

この資料を見た人はこんな資料も見ています