<会議発表論文>
ASR膨張が生じたPC梁部材の変形性状およびコンクリートのひび割れ性状に関する実験的検討

作成者
本文言語
出版者
発行日
収録物名
開始ページ
終了ページ
会議情報
出版タイプ
アクセス権
エンバーゴ終了日
概要 本研究では,アルカリシリカ反応(ASR)により劣化するPC梁供試体の変形性状およびコンクリートのひび割れ性状を明らかにするため,PC梁供試体(PC-40-R),無筋梁供試体(NR-40-R),円柱供試体を作成し,ASR膨張に伴う反り変形量とコンクリート表面と内部ひび割れ性状に関して実験的に考察を行った。その結果,膨張率から梁供試体の中立軸のある程度の変位量(反り量)を求めることができることがかった...。また,供試体表面および内部のひび割れは,円柱供試体膨張率0.3%までは主にひび割れ総延長が増大し,ひび割れ密度の増加が収束した膨張率0.3%から0.4%までは主にひび割れ幅が増大する結果となった。続きを見る

本文ファイル

2329145 pdf 891 KB 93  

詳細

PISSN
NCID
レコードID
権利関係
主題
助成情報
登録日 2019.07.29
更新日 2021.07.06

この資料を見た人はこんな資料も見ています