<学術雑誌論文>
術後補助化学療法中の大腸がん患者の服薬アドヒアランスに関する縦断調査

作成者
本文言語
出版者
発行日
収録物名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
概要 Administration of oral agents is a standard postoperative adjuvant chemotherapeutic regimen in colorectal cancer patients. However, little is known about medication adherence of oral chemotherapy in J...apanese patients. This study was aimed to elucidate the current status of medication adherence and identify the factors associated with low adherence to postoperative adjuvant chemotherapy in colorectal cancer patients. Among 81 enrolled patients receiving postoperative adjuvant chemotherapy,61 patients (oral anticancer agents alone: 33, combination of oral anticancer agents and IV administration: 28) were analyzed. Medication adherence (MMAS-8), and anxiety and depression(HADS) were evaluated longitudinally at 3 time-points (1-2, 3-4, 5-6 months) using questionnaires. Factors associated with low adherence were analyzed by multivariate logistic regression. The median medication adherence score and anxiety and depression score did not change significantly over the6-months of chemotherapy. At 1-2 months after initiation of treatment, low medication adherence was associated with treatment using oral anticancer agents alone (OR: 9.49) and depression (OR: 1.30). At5-6 months, treatment with oral anticancer agents alone was also associated with low adherence (OR: 6.39).
To maintain adherence, health care professionals should focus on patients who have higher risk for low adherence by monitoring those receiving oral chemotherapeutic agents alone and patients with depression. Thus, continuous educational and emotional support tailored each patient should be considered from the initiation of chemotherapy.
大腸がんの術後補助化学療法として経口抗がん剤を使用した療法は標準治療の一つとなっているが,日本において経口抗がん剤を用いた術後補助化学療法中の服薬アドヒアランスに関する報告は僅かである.本研究の目的は,経口抗がん剤を使用する術後補助化学療法を受ける大腸がん患者の服薬アドヒアランスの実態と服薬アドヒアランスの低下に関連する要因を明らかにすることである.61 名の患者(経口抗がん剤単独群33 名,経口抗がん剤に静注薬併用群28名)を対象として,6ヶ月間の術後補助化学療法の治療開始から3 時点(1〜2,3〜4,5〜6ヶ月後)において服薬アドヒアランス(MMAS-8 scores),不安と抑うつ(HADS)に関する質問紙調査を実施した.アドヒアランス低下に関連する要因の解析はロジスティック回帰分析を使用した.MMAS-8 scores によるアドヒアランスやHADS による不安と抑うつの術後6ヶ月間の経時的有意な変化は無かった.服薬アドヒアランスの低下に関連する要因は,治療開始1〜2ヶ月は経口抗がん剤単独による治療(OR:9.49)と抑うつ(OR:1.30)であった.治療開始5〜6ヶ月は経口抗がん剤単独治療(OR:6.39)が関与していた.本調査結果から,アドヒアランスを維持するためには,医療者はアドヒアランスの低下のリスクが高い経口抗がん剤単独治療を受ける患者や抑うつに焦点を当て,治療開始初期から継続的に教育的,精神的な支援を検討する必要があることが示唆された.
続きを見る

本文ファイル

pdf p024 pdf 2.17 MB 626  

詳細

PISSN
NCID
レコードID
査読有無
主題
タイプ
助成情報
登録日 2019.05.21
更新日 2023.11.17

この資料を見た人はこんな資料も見ています