<紀要論文>
キノコ伝道師の流儀 : 44年間の研究回想とこれからへの提案

作成者
本文言語
出版者
発行日
収録物名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
概要 キノコに関わる研究成果に関して,大学院生から教授退任時までの1976 年から2019 年までの44 年間にわたって公表してきたものを取りまとめたものである。キノコの生理, 生態から生育特性および栽培方法まで論述し,この間の研究進展やこれからの研究方針に対する方向性を示した。シイタケの原木適性,トリコデルマ属菌との拮抗作用,シイタケ生育促進物質,菌床の熟成度判定法,子実体発生時の酵素活性変動,酵素遺...伝子の消長,電気パルス刺激,マツタケ発生促進,冬虫夏草の生理と人工栽培などで,キノコの生育特性および栽培について述べている。
This review article is described on my mushroom science research achievement during 44 years from the Master course 1976 to Professor final year 2019. These are adaptivity on Lentinula edodes bed log, antagonism for Trichoderma sp., promotion of L. edodes mycelial growth and fructification. judgment of substrate maturation, extracellar enzyme activities during fructification, enzyme genes changes in fructification, electric pulse stimulation, promotion on Tricholoma matsutake growth, artificial cultivation of Ophiocordyceps sinensis.
続きを見る

本文ファイル

pdf p047 pdf 2.57 MB 1,853  

詳細

PISSN
NCID
レコードID
査読有無
主題
タイプ
登録日 2019.04.18
更新日 2021.03.03

この資料を見た人はこんな資料も見ています