<紀要論文>
北海道東部のミズナラ造林地における27 年間の林分成長量に与える育林作業の効果

作成者
本文言語
出版者
発行日
収録物名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
概要 九州大学北海道演習林で実施されているミズナラ施業において,各育林工程が林分成長量に与える影響を評価し,費用対効果の高いミズナラ造林作業法を明らかにするために,刈払い,除伐,枝打ち,間伐作業計画の異なる3つの調査地を設置し評価を行った。各調査地では, ミズナラ造林木の胸高直径,樹高,枝下高,樹冠幅を27 年間, 毎年計測した。育林作業を全く行わなかった調査地ではシラカンバが優占し,ミズナラの生育が著...しく阻害されていた。造林初期に雑木を除去する作業を行った調査地では,ミズナラの生育は良好であった。特に,造林初期の7年生時に刈払いを行い,雑木を除去した場合には,その後の除伐や枝打ち,間伐などの育林工程を省略できる可能性が示唆された。
Cost-effective treatment in Quercus crispula plantation was evaluated at three study sites in Ashoro Research Forest, Kyushu University. These sites had different treatment plans including weeding, clearing, pruning and thinning. The DBH, tree height, clear length of stem and crown width of Q. crispula were measured for 27 years. In the study sites with no forest treatments, the growth of Q. crispula was inhibited and that of Betula platyphylla was advanced. The growth of Q. crispula was remarkable in the study sites with weeding and clearing in the early stages of afforestation. In particular, our study suggested the weeding with shrub cutting after 7years from the settlement could call off the following processes such as cutting, pruning and thinning.
続きを見る

本文ファイル

pdf p035 pdf 2.22 MB 692  

詳細

PISSN
NCID
レコードID
査読有無
主題
タイプ
登録日 2019.04.18
更新日 2023.11.13

この資料を見た人はこんな資料も見ています