<紀要論文>
雑誌『白樺』のドイツ近代美術受容とその終焉 : クリンガー、ホフマン、フォーゲラーをめぐる言説

作成者
本文言語
出版者
発行日
収録物名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
目次
第一章 『白樺』のマックス・クリンガー崇拝
第二章 ルートヴィヒ・フォン・ホフマンと第三王国
第三章 ハインリヒ・フォーゲラーとドイツ近代美術受容の終焉

本文ファイル

p013 pdf 2.12 MB 408  

詳細

PISSN
NCID
レコードID
査読有無
主題
登録日 2019.03.14
更新日 2021.03.03

この資料を見た人はこんな資料も見ています