<紀要論文>
Clostridium saccharoperbutylacetonicum のautolysinのアニオン交換体に対する特異的挙動

作成者
本文言語
出版者
発行日
収録物名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
概要 The autolysin (N-acetylmuramidase) of Clostridium saccharoperbutylaceto nicum (ATCC 13564) strongly adsorbed to anion exchangers such as diethylaminoethyl (DEAE)-cellulose, triethylaminoethyl (TEAE)-c...ellulose and ECTEOLA-cellulose. Therefore, the adsorbed autolysin was not eluted with buffer containing various concentrations of NaCl or buffer of various pHs. However it could be eluted from them with the buffer containing high concentration of guanidine·HCl, dioxane and ethylene glycol, which were the reagents used for break of hydrogen bonding of proteins or weakening the hydrophobic interaction of proteins. These results indicated that the hydrophobic interaction would be participate in this strong adsorption of autolysin on the anion exchangers. The autolysin could not adsorb to carriers of the anion exchangers (cellulose, agarose and Sephadex), while it adsorbed to aminoalkyl-Sepharose and alkyl-Sepharose prepared. The adsorption rate of autolysin toward those resins increased in proportion of the elongating length of alkyl chain Therefore, its adsorption to the anion exchangers was thought to be caused by affinity for hydrophorbic residues, namely alkyl residues of di-(or tri-)ethylaminoethyl groups of them. These properties of autolysin were applied on its purification, and the specific activity of DEAE-cellulose eluents by guanidine·HCl increased in 20 times more than that of gel filtrated fraction.
1. Clostridium saccharoperbutylacetonicum (ATCC 13564)のautolysinはpI4.1で,DEAR-セルロース等のアニオン交換体に強く吸着され,蛋白質の溶出に通常用いられる条件では溶出されなかった.種々の溶出条件を検討したところ,高濃度の塩酸グアニジン,ジオキサン,エチレングリコール等疎水性の結合を壊す薬剤により溶出することができた.2. DEAE-セルロース,TEAE-セルロース,ECTEOLA-セルロースへの本酵素の吸着の強さを,塩酸グアニジンによる溶出で検討したところ,DEAE>ECTEOLA>TEAEの順位で強い吸着がみられた. これは解離基の解離度の大きさTEAE>DEAE>ECTEOLAとことなっており,本酵素の吸着がイオン結合のみによるものでないことを示していた.一方,イオン交換体の担体であるセルロース,アガロース,セファデックスには吸着がおこらなかった.3. 種々の鎖長のアルキル基をもつアミノアルキルセファロース,アルキルセファロースを調製し,本酵素の吸着を検したところ,本酵素はアルキル基の鎖長に比例して強く吸着した.また短鎖のアルキル基にも吸着した.4. 以上の結果から,DEAR-セルロース等に対する本酵素の強い吸着には,DEAE基等を構成するアルキル基に対する疎水結合が与っているものと結論した. これらの性質を利用して,DEA玉-セルロースと塩酸グアニジンにより本酵素の精製をおこなったところ,セファデックスG-75ゲル濾過画分よりさらに20倍比活性の上昇がみられた.
続きを見る

本文情報を非表示

p115 pdf 395 KB 169  

詳細

レコードID
査読有無
関連情報
主題
ISSN
NCID
登録日 2012.06.30
更新日 2020.11.02

この資料を見た人はこんな資料も見ています