<紀要論文>
ローマの法学者が仮装理由を使用した例か? : ユーリアーヌス・学説彙纂第三六巻第一章第二六法文序項の検討

作成者
本文言語
出版者
発行日
収録物名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
関連情報

本文ファイル

KJ00000692789-00001 pdf 1.04 MB 234  

詳細

レコードID
査読有無
主題
タイプ
登録日 2009.09.11
更新日 2021.02.19

この資料を見た人はこんな資料も見ています