<紀要論文>
環境(刑)法各論(一) : 特に鶏の大量「飼育」と野鳥の保護に関して

作成者
本文言語
出版者
発行日
収録物名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
関連DOI
関連DOI
関連URI
関連URI
関連HDL
関連情報
目次 序論.問題の所在・解決の視座と本稿の課題・意義, 第1章.問題の所在・解決の視座, 第1節.わたくしの従来の到達点とその展開, 第2節.動物保護法の法益, 第3節.動物保護の実態, 第4節.動物の位置と憲法的視座, 第5節.いわゆる家畜飼育ダイオキシン汚染事件等と鶏卵基準, 第2章.本稿の課題・意義, 第1節「環境」概念の再考と本稿の課題, 第2節.本稿の意義(以上、本号)

本文ファイル

pdf KJ00000724263-00001 pdf 2.75 MB 340  

詳細

レコードID
査読有無
関連URI
地域
主題
タイプ
登録日 2009.09.11
更新日 2021.02.19

この資料を見た人はこんな資料も見ています