<紀要論文>
九州山地の高標高地域に植栽されたヒノキ捕し木苗と実生苗の初期成長

作成者
本文言語
出版者
発行日
収録物名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
概要 これまで九州大学宵崎演習林では実生によるヒノキ苗の植栽を行なってきたが、近年ではヒノキ苗においても挿し木品種苗が開発されている。本研究では、九州山地の高標高地域におけるヒノキ挿し木苗の有用性を検討するために、ナンゴウヒ、カミコウ2号の挿し本品種と実生苗を植栽し、初期6年聞の生残率と成長在比較した。実生苗はシカによる食害を強く受けたのに対し、挿木苗はほとんど食害を受けなかった。その結果、挿し木苗は実...生苗に比べ生存率が高く、調査終了時の樹高も高くなった。
We have been planted seedling for the plantation of Chamaecyparis obtuse in the Shiiba Research Rorest, Kyushu University. Recently, rooted cutting of C. obutusa has been developed. To investigate the usefulness of the root cutting of C. obtuse for the plantation in high elevation area on the Kyushu Mountains, we compared the survival ratio and growth rate between 2 rooted cutting cultivars, Nangouhi and Kamikou 2, and seedlings for initial 6 years. Two rooted cutting cultivars showed higher survival ratio and growth rate than seedlings. The rooted cuttings had littele damage by sika deer (Cervus nippon), while seedlings had severe damage.
続きを見る

本文ファイル

pdf p017 pdf 2.72 MB 712  

詳細

PISSN
NCID
レコードID
査読有無
主題
タイプ
登録日 2013.06.24
更新日 2021.03.03

この資料を見た人はこんな資料も見ています