<紀要論文>
インドネシア国チダナウ流域水田地帯における水管理実態

作成者
本文言語
出版者
発行日
収録物名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
概要 The object area of the present study is paddy area in Cidanau watershed of west Java, Indonesia. ln this area, unstable mountain stream is taken and used repeatedly by plot-to-plot irrigation and dual...-purpose canals. And thus water management of this area is high-efficient. Evapo-transpiration of this area fluctuates very little and shows 4.6mm/d throughout the year. ln addition, it is estimated that the base discharge of inflow to this area is about 4.3mm/d in the dry season. In this way, the paddy field is ponded for only two weeks after the rice transplanting and after that it is not ponded as roots of paddy reach the.groundwater surface and absorb it. lt is also repeated in the same way at the next field. A shortage of irrigation water in the dry season is made up for by this water management. That is the reason why various growing stages of paddy shifted by about two weeks exist. The actual condition of this water management is proven by the simulation for water distributiori. As the result of this simulation, it is clarified that most of the water flows on the surface of paddy field and the percolation to the underground is very little.
今回研究対象としたチダナウ流域水田地帯では,不安定な渓流水を取水して,田越し灌概ならびに用二心用水路を利用して反復利用する高能率的な水管埋がなれている.対象地区の蒸発散量には季節的な変化があまり見られず,年間を通じてほぼ一定で4.6mm/d付近にあった.さらに,調査圃場への流入水の基底流量は4.3mm/dで,乾季の流入量はこの程度であると推定される.このような理由から,乾季においては田植え後約2週間は水田に湛水するが,それ以降は水稲根群が地下水面(深さ30cm)に到達し,地下水を吸収できるために湛水しない.そして,その水田に湛水されていた用水は次の水田へと廻され,そこで田植えが行われ約2週間湛水される.このような水管理を行うことにより,乾季における取水量の不足を補っていることが明らかとなった.調査地区内で種々の水稲生育期が約2週間ずれて存在しているのもこのためである.このような水管理の実態は用水配分シミュレーションからも裏付けられた.また,シミュレーションの結果,用水はそのほとんどが田面の上を移動し,地下への浸透量は極めて小さいことが明らかとなった.
続きを見る

本文情報を非表示

p143 pdf 690 KB 102  

詳細

レコードID
査読有無
関連情報
主題
ISSN
NCID
登録日 2012.07.26
更新日 2017.10.30

この資料を見た人はこんな資料も見ています