<紀要論文>
疫学的アプローチによる学生のメンタルヘルス支援に向けたシステム構築 : うつ症状 九州大学P&P研究 EQUSITE Study 4

作成者
本文言語
出版者
発行日
収録物名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
関連DOI
関連URI
関連情報
概要 九州大学P&Pプロジェクト EQUSITE Study に参加した1年生の初年度のうつ症状の実態ならびに主観的健康感, 主観的ストレス, 生活習慣との関連性について検討した。その結果, 主観的健康感やキャンパス生活の満足感が高く, 主観的ストレスが低いほど, うつ症状の自己評価尺度である CSE-Dの得点の低いことが示唆された。また, 生活習慣項目では, 規則正しい生活を送り, 主観的な睡眠の充足...度が高いほどCSE-D得点が低いことが示された。朝食の摂取頻度や平日の睡眠時間, 住居形態, 課外活動の有無については, 男女で異なる結果となった。女子は毎日朝食を摂取し, 適度な睡眠時間をとっている者, 男子は自宅に住み, 課外活動をしている者がCSE-D得点の低いことが報告された。続きを見る

本文ファイル

pdf 033_p083 pdf 207 KB 287  

詳細

レコードID
査読有無
主題
ISSN
NCID
タイプ
登録日 2012.03.02
更新日 2023.11.20

この資料を見た人はこんな資料も見ています