<記事>
『ポスト1990 年代』のアメリカ経済 : 日本経済の将来を左右する潮流変化

作成者
本文言語
出版者
発行日
収録物名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
概要 アメリカ経済の安定は日本経済の確かな成長にとって欠くことのできない条件のひとつであり、その帰趨は「日本の将来」を展望するカギである。アメリカの1990年代は、約半世紀続いた「冷戦構造」の集結という新たな政治環境の中で幕を開け、それはその後の経済再生にも深く影響した。政権交代、景気後退、テロ事件という政治・経済・社会の重要事件が重なった2001年は、「ポスト1990年代」の潮流変化を決定づける分水嶺...の年だった。アメリカの外交・内政・経済政策の大枠を決定することにある大統領選挙に向けたこれからの1年は、日本の将来を考えるうえでも重要である。続きを見る

本文情報を非表示

063 pdf 2.66 MB 136  

詳細

レコードID
査読有無
関連情報
NCID
登録日 2012.04.20
更新日 2020.10.26

この資料を見た人はこんな資料も見ています