<学術雑誌論文>
西田幾多郎における生命論の根拠

作成者
本文言語
出版者
発行日
収録物名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
関連情報
概要 今日、医療現場や日常の議論において、生命論や生命倫理に対する関心がいっそう高まっている。その主な理由は、われわれの科学力が生命をコントロールする能力を飛躍的に発展させたからだといえよう。そこで、生命論や生命倫理を論じる場が出来るのは望ましいことであるが、それらの議論の中には、実践的、技術的な側面に偏り、そもそも生命とは、という定義を考えることを見失っているものも見受けられる。筆者は、哲学や倫理学を...探求するものとして、生命の根底的な意味に関する考察を行い上記の議論の場に少しでも貢献できることを企図している。続きを見る

本文ファイル

荒木正見:西田幾多郎における生命論の根拠 pdf 264 KB 2,291  

詳細

レコードID
査読有無
地域
主題
ISSN
タイプ
時代・年代
登録日 2012.07.26
更新日 2019.09.17

この資料を見た人はこんな資料も見ています