<学術雑誌論文>
体験学習法が子どもの「自己-他者関係」「自己認識」に及ぼす影響に関する研究 : 湯布院町ジュニアリーダー育成プログラムの分析を通して

作成者
本文言語
出版者
発行日
収録物名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
関連DOI
関連URI
関連情報
概要 子どもたちのコミュニケーション能力の低下や人間関係の希薄化、地域社会の崩壊などが危惧されている今日、湯布院町ジュニアリーダー育成プログラムでは、体験学習法と呼ばれる集団遊び的要素を強く持つ手法を用いて、青少年の健全育成が行われている。本稿では、特に「自己他者関係」「自己認識」という2つの観点からプログラムの分析を行った。その結果、「対話」から「体話」への「自己-他者関係」の深まりが見られ、それを相...互補完する形で「自己理解」から「自己肯定」への「自己認識」の高まりについて確認できた。さらに、これらの体験は「非日常」にとどまらず、「日常」場面においても種々の好影響を及ぼしている可能性が高いことが明らかになった。
A decline of children's communication ability, human relations, and local community has been pointed out in recent years. Opposing such tendency, Junior Leader Training Program in Yufuin-cho has provided children with an opportunity for their sound growth through a kind of session play called "experience-based learning." ln this paper, outcome of the program was analyzed in terms of "self-others relationship," "self consciousness," and "influence on everyday life". As a result, it was observed that children's self-others relationship was deepened through a move from simple verbal dialogue to verbal and body-based dialogue, and self-consciousness was heightened through a move from self-understanding to self-affirmation. In addition, it was suggested that these experience had good influence on children's everyday life.
続きを見る

本文ファイル

pdf p033 pdf 12.9 MB 1,274  

詳細

レコードID
査読有無
主題
ISSN
NCID
タイプ
登録日 2011.08.23
更新日 2023.09.13

この資料を見た人はこんな資料も見ています