<学術雑誌論文>
貝原益軒とヘーゲルの存在論的構造

作成者
本文言語
出版者
発行日
収録物名
収録物名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
関連情報
概要 貝原益軒とヘーゲルの思想の主に存在論的構造を比較するものである。両者にはもちろん現実的には直接的な接点はないが、その総合的な学問の姿勢には共通点が指摘され得る。そして、そのような学問姿勢は存在論的な中核から発展するはずである。このような意味で、両者の存在論には共通点が指摘されるし、他方、それぞれの独自性も指摘される。小論はそれらを視点に据えて、両者の哲学の一端を比較するものである。

本文ファイル

比較思想論輯18号荒木正見論文貝原益軒とヘーゲルの存在論的構造 pdf 346 KB 473  

詳細

レコードID
査読有無
地域
主題
ISSN
タイプ
時代・年代
登録日 2012.02.17
更新日 2019.09.17

この資料を見た人はこんな資料も見ています