<紀要論文>
木質バイオマス燃焼灰の林地還元に向けた基礎知見 : カラマツペレット燃焼灰を用いた検討

作成者
本文言語
出版者
発行日
収録物名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
概要 本研究は, 木質バイオマス燃焼灰の林地還元に向けた基礎研究である。この研究では次の3点を実施した。すなわち, カラマツペレット燃焼灰を用いて, 1)燃焼灰の化学分析, 2)燃焼灰の固形資材化, 3)燃焼灰と固形資材の苗木への 施用を行った。複数のペレットストーブより燃焼灰を収集し, 一つにまとめて化学分析用のサンプルとした。燃焼灰は, 主要な栄養元素としてカルシウムおよびカリウムを含有し, また強...アルカリ性で易溶性のカリウムに富んでいた。重金 属類の含有量および溶出量は, 汚泥肥料での許容上限値もしくは特殊肥料での基準値と同等もしくはそれ未満であった。固形資材は, ペレタイザーを用いて燃焼灰と堆肥より製造した。その成形率は99%で, 燃焼灰と比較して固形資材のpHや電気伝導度は低かった。固形資材の重金属類については, 含有量, 溶出量ともに上記の許容上限値もしくは基準値を下回った。燃焼灰の施用は, 苗木の成長を阻害しなかった。一方, 固形資材の施用により一時的に苗木の成長が遅れた。苗木の針葉や幹枝の重量は, 燃焼灰や固形資材の施用により増加することが示唆された。
This study aimed to obtain basic knowledge for returning woody biomass combustion ash (CA) to forest land. Using CA from Japanese larch pellet fuel, three points were focused on : 1)Chemical analyses of CA, 2)Experimentally production of a solid material (SM) from CA, and 3)Application of CA and SM to tree seedlings. The CA sample for chemical analyses was a mixture of ashes collected from several wood pellet stoves. The CA contained calcium and potassium as the main nutrients and was strongly alkaline and rich in easily soluble potassium. Contents and elution of heavy-metals in the CA were equal to or lower than the Japanese permissible upper limits for sludge fertilizers or the Japanese reference values for special fertilizers. A pelletizer was used to make SM from CA and manure compost. The SM yield was 99%. The SM showed low pH and low electrical conductivity compared with CA. Contents and elution of heavy-metals in the SM were lower than the above permissible upper limits or reference values. After an application of CA, seedlings grew without delayed growth. An application of SM temporarily delayed seedling growth. It was also suggested that applications of CA and SM were likely to increase weights of needles, branches and stems of seedlings.
続きを見る

本文情報を非表示

p013 pdf 94.5 KB 456  

詳細

PISSN
NCID
レコードID
査読有無
主題
タイプ
登録日 2011.05.11
更新日 2021.03.03

この資料を見た人はこんな資料も見ています