<紀要論文>
ツクツクボウシタケ菌の森林土壌内での時空間分布

作成者
本文言語
出版者
発行日
収録物名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
概要 ツクツクボウシタケ(Isaria sinclairii Kobayasi)を土壌から検出するためにプライマーを設計した, DGGE解析により森林土壌を解析したところ, 高い精度で菌の検出が可能であった。次に, これまでに子実体発生が確認されている森林から土壌を採取し, 時期, 土壌深度ごとに菌の生存を解析した。子実体発生前の6月に菌の存在が認められ, 8月には検出のピークがみられ, 10月, 12...月と季節経過に伴い出現頻度が低下した。また, 土壌深度5から30cmで菌が存在することが明らかになった。
We tested the reliability and suitability of specific primer set (PC-F-GC/PC-R) by using the Denaturing gradient gel electrophoresis (DGGE) analysis for detecting I. sinclairii in the forest soil. Soil samples were taken from the sites with fruiting record of I. sinclairii. Total DNA was extracted from soil samples and analyzed with respect to the collecting phase and soil depth. The fungus of I. sinclairii was detected in June just before fruiting, and then peaked in August. Detection of the mycelia was declined to October and December. The mycelium of I. sinclairii was detected within a depth from 5 to 30 cm. The method developed in this study offers an effective tool for the elucidation of the biological characteristic of caterpillar fungi that has not fully been explained.
続きを見る

本文情報を非表示

p004 pdf 95.6 KB 226  

詳細

PISSN
NCID
レコードID
査読有無
主題
タイプ
登録日 2012.02.29
更新日 2021.03.03

この資料を見た人はこんな資料も見ています