<紀要論文>
近代日本におけるケンペルの読まれ方

作成者
本文言語
出版者
発行日
収録物名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
概要 近代日本を主たる視座として、ケンペルをめぐる多様な読書の在り方を検討した。その結果、近代に生じた新たなケンペル著書の利用法として日本起源論の典拠とされる動きが認められる一方で、近世後期における志筑忠雄訳「鎖国論」の受容状況と同じく、相変わらず日本の優秀性を説く外国文献(典拠)として持ち出されることも確認できた。

本文情報を非表示

文彩7(誤字修正版) pdf 12.2 MB 377  

詳細

レコードID
査読有無
関連情報
地域
主題
時代・年代
登録日 2011.04.18
更新日 2019.09.17

この資料を見た人はこんな資料も見ています