<学術雑誌論文>
スギの無垢材を内装に用いた室内空間における人滞在時の吸湿作用の検証

作成者
本文言語
出版者
発行日
収録物名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
概要 本研究では,スギ無垢材を内装に用いた室内空間における人滞在時の吸湿作用の検証を目的とした。スギ(Cryptomeria japonica)の無垢材を内装に用いた建物(A棟)と,パーティクルボードや中密度繊維板の表面に木目調のビニールクロスで覆った内装材を用いた建物(B棟)において,人滞在時の室内の温度および湿度を調査した。2014年から2015年にかけて計4回,人滞在時における温湿度調査をした結果...,A棟では,B棟と比較して有意に湿度の上昇が抑制されることが明らかとなった。このことは,無垢材を内装に用いたA棟は,B棟に比べて高い吸湿作用を有することを示唆する。
This study focused on the humidity-control performance of the wooden dwelling spaces, which is related to the habitability. To evaluate the moisture-absorption performance in a condition close to real life, the room temperature and relative humidity were measured in a room using naturally processed sugi (Cryptomeria japonica ) wood boards (Room A) and a room using chemically processed wood materials(Room B)as interior materials while subjects were asleep. The interior materials of Room A were free from chemical processing and those of Room B were comprised of bonded or coated woods. The results obtained from this study during 2014 and 2015 demonstrated that the Room A showed higher moisture-absorption performance than the Room B.
続きを見る

本文情報を非表示

清水 pdf 1.37 MB 471  

詳細

PISSN
NCID
レコードID
助成情報
登録日 2018.06.06
更新日 2020.02.10

この資料を見た人はこんな資料も見ています