<学術雑誌論文>
「水の中の小さな生き物」観察にスマホ顕微鏡を活用することの可能性-親子を対象としたサイエンスカフェでの実践からの考察-

作成者
本文言語
出版者
発行日
収録物名
開始ページ
出版タイプ
アクセス権
目次 親子向けサイエンスカフェでの実践を基に,小学校5年生理科「水の中の小さな生き物」観察におけるスマホ顕微鏡活用の可能性に関して考察を行った。参加親子の様子から,光学顕微鏡との比較で,1)知識量•経験によらず操作可能,2)観察対象をリアルタイムに共有可能,3)「見たもの」を直ぐ記録可能,等の長所が見出された。このことから,子ども達を主導とした「対話」を中心に「アクティブラーニング」を促進できる観察・実験につながる可能性が考えられた。一方で顕微鏡の「仕組み」は学べない短所もある。理科の授業でスマホ顕微鏡を利用する場合は,このような特性を考慮しながら,授業の目標に照らし活用することが必要と考えられる。

本文情報を非表示

03_nishino_04-01,02 2016 pdf 556 KB 306  

詳細

EISSN
レコードID
主題
注記
登録日 2018.05.15
更新日 2018.07.11

この資料を見た人はこんな資料も見ています