<学術雑誌論文>
油症患者から出生した児の性比について

作成者
本文言語
出版者
発行日
収録物名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
概要 ダイオキシンやダイオキシン関連化合物の,次世代に対する影響について社会的関心が高まっている.吉村らは1968年から1977年の間に,油症患者から出生した85人の性比を,一般人の期待される男女比0.514と比較し,明確な差はない,と報告した.しかしながら,曝露者が父親か母親かと,親の曝露時の年齢との関連についての検討は,油症ではまだ行われていない.油症と同様に,PCBやダイオキシン関連化合物が食用油...に混入した例としては,台湾で発生したYuchengがある.Yu-chengの原因物質は,油症の原因物質と極めて類似しており,Polychlorinatedbiphenyls(PCBs)やPolychlorinateddibenzofurans(PCDFs)が主なものである.ダイオキシンやダイオキシン関連化合物質に曝露された例は,イタリアのSevesoをはじめ複数の国から報告がある.Yu-chengや,Seveso,ロシアやオーストリアの塩素ざ瘡コホートでは,20歳前や20代の前半に,ダイオキシンやダイオキシン類関連化合物に曝露した男性が父親である児の男女比は有意に低下している,との報告されている.一方で,曝露した女性が母親である児の男女比については影響が認められない,との報告がYu-chengやSevesoからなされている.続きを見る
目次 特集号 油症とPCB及びダイオキシン関連化合物 研究報告第20集 責任編集者 古江増隆
The Twentieth Reports of the Study on Yusho―PCBs and Dioxin-Related Compounds―Guest Editor Masutaka Furue

本文情報を非表示

fam96_5_p183 pdf 5.76 MB 56  

詳細

レコードID
査読有無
関連情報
主題
ISSN
NCID
タイプ
登録日 2012.06.04
更新日 2017.09.26

この資料を見た人はこんな資料も見ています