<学術雑誌論文>
油症息者の口腔内粘膜と歯牙所見

作成者
本文言語
出版者
発行日
収録物名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
関連DOI
関連URI
関連HDL
概要 油症発症後約35年が経過しようとしている.油症発症後早期においては,体調不良,食欲不振や眼脂過多等の所見に加えて,座瘡様皮疹や色素沈着が顕著に認められた.歯科領域においても,歯根形態異常や永久歯萌出遅延が観察されている.時間の経過とともに,口腔内色素沈着の色調は徐々に薄くなってきているが,依然として被検者の約半数に色素沈着が認められている.本論文では,口腔内疾患,特に色素沈着発現の経年的推移ならび...にPCB等とこれら疾患との関連について述べてみたい.続きを見る

本文ファイル

pdf fam96_5_p146 pdf 18.7 MB 428  

詳細

PISSN
NCID
レコードID
査読有無
関連PubMed ID
主題
注記
タイプ
登録日 2012.06.04
更新日 2021.07.28

この資料を見た人はこんな資料も見ています