<学術雑誌論文>
油症患者体内のPCBおよびPCDFの35年間の挙動と毒性影響

作成者
本文言語
出版者
発行日
収録物名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
関連DOI
関連URI
関連HDL
概要 1968年,ポリ塩化ビフェニル(PCB)中毒事件が北部九州一帯で発生し,認定患者数は1860以上であった.それはカネクロール(鐘淵化学が製造したPCBの商品名)が混入されたライスオイルを食用油として摂取したために発生したので,油症と呼ばれている.そのライスオイルにはPCBだけでなく,PCBの加熱により発生したポリ塩化ジベンゾフラン(PCDF)およびポリ塩化クオータフェニル(PCQ)も含まれていた事...が後になって分かった.結局,油症はPCB,PCDF,PCQ混合物による中毒であった.油症患者が摂取したPCB,PCDFの30年以上の長期間にわたる体内の挙動およびそれに伴う毒性影響について総説する.続きを見る

本文ファイル

pdf fam96_5_p113 pdf 38.9 MB 814  

詳細

PISSN
NCID
レコードID
査読有無
関連PubMed ID
主題
注記
タイプ
登録日 2012.06.04
更新日 2021.07.28

この資料を見た人はこんな資料も見ています