<紀要論文>
Justus Lipsius の『恒心論』とストア主義思想

作成者
本文言語
出版者
発行日
収録物名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
概要 論者は、拙論「1590年のパリ包囲戦とGuillaume Du Vair の『恒心論』 : 新ストア主義をめぐって」(九州大学言語文化研究院「言語文化論究」No.25)において、Du Vair のこの著作に直接影響を与えた作品として、Justus Lipsius(1547-1606)の『恒心論2巻De Constantia Libri Duo』を挙げたが、紙幅の都合上、詳しく論じ得なかった。この小...論は、Lipsius の『恒心論』を分析し、特にその中におけるストア主義思想について考察するものである。続きを見る
目次 Justus Lipsius の略歴
『恒心論』とその反響
『恒心論』のテーマ
結論 : Lipsius の『恒心論』の特徴

本文ファイル

pdf p085 pdf 882 KB 1,176  

詳細

PISSN
NCID
レコードID
査読有無
地域
主題
タイプ
時代・年代
登録日 2012.08.16
更新日 2023.11.01

この資料を見た人はこんな資料も見ています