<紀要論文>
志筑忠雄「三種諸格」の資料的研究

作成者
本文言語
出版者
発行日
収録物名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
概要 志筑忠雄によるオランダ語・文法学分野の著作「三種諸格」のテキスト成立をめぐる諸問題について考察を行った。第一に、泉屋家の畳の下敷きの一部から29葉の断簡として発見されたシーボルト記念館蔵「三種諸格」を分析したところ、破損部分を除いて、全ての内容項目が残存していることを明らかにした。第二に、諸本によって「三種諸格」や「三種諸格編」などと資料名に違いが見られるが、志筑忠雄「四法諸時対訳」を手掛かりに、...本来は「三種諸格」という題名であったことを突き止めた。第三に、志筑忠雄が、柳圃を名乗っていた時期の著作であることから、享和3年(1803)後半から文化2年(1805)2月の間に「三種諸格」が成立したことを指摘した。第四に、「三種諸格」の作成にあたって、志筑忠雄がセウェル『オランダ語文法』(Willem Séwel: Nederduytsche Spraakkonst.)や、「暦象新書」訳出の底本としたジョン・キール(John Keill)著、ヨハン・ルロフス(Johan Lulofs)蘭語訳『天文学・物理学入門』(Inleidinge tot de waare Natuur- en Sterrekunde.)などを利用していたことを解明した。続きを見る

本文情報を非表示

oshima_1917880_revised pdf 6.41 MB 127 20181028誤字訂正版

詳細

PISSN
NCID
レコードID
主題
登録日 2018.05.01
更新日 2019.04.22

この資料を見た人はこんな資料も見ています