<紀要論文>
クリスチャン・イェーガー「通常事例手法という特別な考慮の下での構成要件と量刑の間の相関関係 : ならびに量刑に方向づけられた解釈の意義についての考察」

作成者
本文言語
出版者
発行日
収録物名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
目次 Ⅰ. 量刑レベルと構成要件レベルの間の相互関係の表れとしての法定刑に方向づけられた解釈
Ⅱ. 通常事例への構成要件の影響
1. 通常事例への客観的構成要件の影響
2. 通常事例への主観的構成要件の影響
Ⅲ. 構成要件レベルへの通常事例の先行作用
1. 法定刑に方向づけられた解釈という意味での、構成要件を形作るような、通常事例の先行作用
a)通常事例の構成要件類似性に基づく先行作用
b) 量刑問題としての、強盗および(強盗的)恐喝の限界づけに関する未解決の論争
c) 限界問題の、法定刑に方向づけられた評価づけ
2. 逆の二重評価禁止の意味における、構成要件を阻却するような先行作用
a)総論
b) 刑法263条における、一身的な損害の理由づけと量刑の、許されない二重基準としての「経済的な困窮」という例
c) 逆の二重評価禁止
Ⅳ. 結論
続きを見る

本文ファイル

pa200 pdf 924 KB 278  

詳細

PISSN
NCID
レコードID
査読有無
地域
主題
タイプ
登録日 2018.04.24
更新日 2021.02.19

この資料を見た人はこんな資料も見ています