<紀要論文>
国際通貨論からみた人民元の国際化 : 国際貿易取引通貨としての発展を中心に

作成者
本文言語
出版者
発行日
収録物名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
目次 Ⅰ はじめに:問題の所在と分析視角
Ⅱ 通貨国際化の理論と先行研究
1. 貨幣機能論と外国為替論のアプローチ
2. 人民元国際化に関する先行研究
3. 人民元の国際通貨化の3段階
Ⅲ 人民元国際化の背景
1. 輸出不況に伴う経済成長の減速
2. 米ドル相場の下落に伴う外貨準備資産の価値毀損
3. 世界での経済力構造と通貨地位のミスマッチ
Ⅳ 国際貿易取引通貨としての人民元の発展
1. クロスボーダー人民元建て貿易契約決済
⑴ 人民元建て貿易契約決済の導入
⑵ 人民元建て貿易契約決済の促進策 : 通貨スワップ協定の締結,クリアリング銀行の設置,貿易金融の展開など
⑶ 貿易当事国通貨としての利用:グローバルレベル
2. アジア太平洋地域における人民元建て貿易契約決済の進捗状況
⑴ ASEAN : ベトナムを例として
⑵ 日本
⑶ 韓国
3. 減少に転じた人民元建て貿易契約決済
Ⅴ おわりに
続きを見る

本文ファイル

p013 pdf 2.48 MB 16,274  

詳細

PISSN
NCID
レコードID
主題
登録日 2018.04.18
更新日 2020.10.14

この資料を見た人はこんな資料も見ています