<紀要論文>
カラマツの樹齢および成長量がエゾヤチネズミの食害頻度におよぼす影響

作成者
本文言語
出版者
発行日
収録物名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
概要 九州大学北海道演習林で継続的に植栽してきたカラマツ造林木において,カラマツの樹齢と直径がエゾヤチネズミの食害頻度に及ぼす影響を解析した。また,カラマツとグイマツ雑種F 1を同一林地に植栽した後,10 年間にわたり獣害および気象害の頻度と植栽木の成長量を継続的に調査し,両種の初期成長に及ぼす要因を検討した。カラマツ人工林において樹齢とエゾヤチネズミの食害率とには正の相関が認められ,胸高直径とエゾヤチ...ネズミの食害率にも正の相関が認められた。新植地におけるエゾヤチネズミによる食害はグイマツ雑種F 1と比較してカラマツで顕著であった。エゾヤチネズミの食害が認められるカラマツ造林地において効率的な森林管理を行うためには,定期的に野鼠被害を調査し,被害が拡大する前に伐採を行うことが必要である。
The effect of stand age and DBH in planted Larix kaempferi on the feed frequency of the Myodes rufocanus bedfordiae were analyzed in Ashoro Research Forest, Kyushu University. In addition,the effect of animal damage and meteorological ivent on the growth of L. kaempferi and the hybrid of L. kaempferi and Larix gmelinii var. japonica after planting were investigated for ten years. Positive correlations were found between the age of L. kaemperi and the feeding damage rate by M. rufocanus bedfordiae, and between the diameter of L. kaempferi and the feeding damage rate. Feeding damage by M. rufocanus bedfordiae after planting was more frequent in L. kaempferi than in the hybrid of L. kaempferi and L. gmelinii var. japonica. In order to efficiently manage L. kaempferi plantation forests with feeding damage by M. rufocanus bedfordiae, the monitoring the feeding damage and the clear cut of plantation before expansion of the damage would be needed.
続きを見る

本文ファイル

p026 pdf 1.80 MB 4,319  

詳細

PISSN
NCID
レコードID
査読有無
主題
タイプ
登録日 2018.04.17
更新日 2021.03.03

この資料を見た人はこんな資料も見ています