<紀要論文>
大学生における否定的思考様式尺度の作成と思考パターンとの関連について : 場面想定法を用いた「破局的思考」の検討

作成者
本文言語
出版者
発行日
雑誌名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
概要 本研究では,破局的思考者が各場面状況において想起する思考の様式について検討した。大学生122名を対象に質問紙調査を実施し,(分析対象者は119名),反すう的な心配,対人関連付けによる心配,対社会事象関連付けによる心配の3因子から構成される否定的な思考尺度を作成した。この尺度を用いたクラスター分析により,対人不安的思考様式群,楽観的思考様式群,全般性否定的思考様式群,社会適応的思考様式群の4群に分類...された。場面状況における思考パターンを考察するために,2つの社会的場面として,アルバイト場面と家族場面を設定し,思考パターンとして問題に対してポジティブな思考,問題を焦点化する思考,ネガティブな反すうを想起する思考,動揺を示す思考,破局的な思考,放念的な思考の6パターンを設定し,最も自分の思考に近いものを選択してもらい,クラスター分析における全般性否定的思考様式群が必ずしも社会的場面において破局的な思考を選択するとは限らないことが示された。
In this study, the author examined the pattern of the thought that a person of catastrophic thought remembered in each scene. The author took inventory survey for 119 university students and made a negative thought standard comprised of three factors, ruminative worry, worry caused by the interpersonal relation, and worry related to social phenomenon. By the cluster analysis using this standard they were classified into four groups, self-consciousness thought group, optimistic thought group, generally negative thought group and adoptive thought group. To consider their thought pattern in the daily situations, the author set two social scenes, one is a part-time job scene and the other is a family scene. For each scene the author set six thought patterns, the positive thought pattern, the pattern of trying to solve the problem, the pattern indicating one's uneasiness, the catastrophic thought pattern and abandonment thought pattern. They were told to choose one of the six thought patterns to which they think their one is closest. It was examined which thought pattern the group of the generally negative thought choose. The result was that the group of generally negative thought does not always take catastrophic thought in the social scene.
続きを見る
目次 Ⅰ.問題と目的
Ⅱ.方法
Ⅲ.結果
Ⅳ.考察
Ⅴ.本研究の限界と今後の課題

本文情報を非表示

p015 pdf 836 KB 774  

詳細

PISSN
NCID
レコードID
主題
登録日 2018.03.23
更新日 2018.03.28

この資料を見た人はこんな資料も見ています