<学術雑誌論文>
JPCOARスキーマの策定 : 日本の学術成果の円滑な国際的流通を目指して

作成者
本文言語
出版者
発行日
収録物名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
関連DOI
概要 日本国内において,機関リポジトリに登録されたコンテンツのメタデータは,junii2を標準的なメタデータスキーマとして,国立情報学研究所(NII)の学術機関リポジトリデータベース(IRDB)を介して広く流通している。近年の学術情報流通をめぐる国際的な状況の変化や技術的な発展に対応し,日本の学術成果の円滑な国際的流通を図るため,オープンアクセスリポジトリ推進協会(JPCOAR)では,junii2に代わ...る次世代のメタデータスキーマとして,2017年10月に「JPCOARスキーマ ver1.0」を公表した。本稿では,策定過程での議論も含め,新しいメタデータスキーマの考え方と概要を紹介する。
Scholarly output deposited in institutional repositories in Japan has been broadly distributed in a standard metadata schema called junii2, and through Institutional Repositories Database (IRDB) developed by National Institute of Informatics (NII). With recent global situation change and technology development on scholarly communications, Japan Consortium for Open Access Repository (JPCOAR) has just developed and released JPCOAR Schema ver1.0 on October 2017, which is a brand-new metadata schema that will succeed junii2 and promote smooth international distribution of research outputs created in Japan. In this article, we will provide an overview and philosophy of this new schema, including discussion during the development process.
続きを見る

本文情報を非表示

60_719 pdf 1.34 MB 122  

詳細

PISSN
EISSN
レコードID
権利関係
主題
登録日 2018.03.07
更新日 2020.02.10

この資料を見た人はこんな資料も見ています