<紀要論文>
納税者の怒りと公的扶助の最適水準

作成者
本文言語
出版者
発行日
収録物名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
概要 公的扶助制度において納税者が受給者に対する利他性と反感を持つときの社会的スティグマについて分析を行った。特に,生活保護と最低賃金との関連性について焦点を当てた。結果として,給付水準上昇のスティグマ上昇効果が十分に小さいとき,最低賃金が上昇すると社会的に最適な給付水準が低下することが明らかになった。
目次 1.はじめに
2.モデル
3.納税者の怒りと社会的スティグマ
4.最適な給付水準
5.むすび

本文ファイル

p001 pdf 295 KB 757  

詳細

PISSN
NCID
レコードID
査読有無
主題
登録日 2017.12.22
更新日 2020.10.14

この資料を見た人はこんな資料も見ています