<その他>
ジャン・パウルの『フィヒテ哲学の鍵』翻訳

作成者
本文言語
発行日
収録物名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
概要 結末の文章は有名である。「 ー 私は全く一人っきりで、どこにも鼓動するものはなく、生命はなく、私の周りは無であり、私がいなければ、無の他は何もない ー 私がただ自覚しているのは私のより高い無の自覚で ー 私の中には沈黙したまま、盲目で、蔽われたまま働き続けるデモゴルゴンがいて、私は彼本人である ー このように私は永遠から来て、このように永遠の中へ行く ーー  誰が今嘆きを耳にして、私のことを知って...いるか ー 私である。 ー 誰が嘆きを聞き、誰が永遠の後、私を見分けるか。 ー 私である。 ー 」続きを見る
目次 序言、編集者に対する保護状、鍵、訳注、あとがき

本文情報を非表示

フィヒテ哲学の鍵 pdf 579 KB 336  

詳細

レコードID
査読有無
地域
主題
注記
タイプ
時代・年代
登録日 2010.08.30
更新日 2019.09.06

この資料を見た人はこんな資料も見ています