<学術雑誌論文>
利用者満足度アップを目指す図書館マーケティング : データ解析による図書館サービス進化への期待

作成者
本文言語
出版者
発行日
収録物名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
関連URI
概要 図書館学の五法則にも謳われているように図書館は時代に合った利用者サービスを求めて変わり続けなければならない。現在進行している高度情報化社会への流れは,携帯電話などによるネットワーク情報端末の進化によってもたらされたものである。このような社会変化やそれに伴う利用者の変化に図書館が対応し続けていくためには,マーケティングの手法を取り入れ,利用者の要望に従来以上に応えられる態勢を構築する必要がある。本稿...では,図書館マーケティングに関して,概念の定義や手法開発へのアイディアなどを示し,その重要性を訴える。今後有益な手法を具体的に開発し,将来の図書館にとって核となるサービスモデルを構築しなければならない。
As was described in the Five Laws of Library Science, libraries are supposed to keep changing and providing their patrons with up-to-date information services. We are in a rapidly changing society now due to the development of mobile network terminals like smart phones. In order to adapt to such a rapid change, libraries should adopt the concept and technologies of marketing. It is the only way for them to survive so that they can keep getting to be accepted as reliable and necessary organization by their patrons. In this paper we define, present potentiality of library markething, and demonstrate its importance. We have to keep investigating the beneficial methods and to construct the service model for the futute libraries.
続きを見る

本文情報を非表示

minami pdf 346 KB 884  

詳細

レコードID
査読有無
関連情報
主題
ISSN
NCID
登録日 2010.08.04
更新日 2019.09.06

この資料を見た人はこんな資料も見ています