<その他>
ジャン・パウル著『見えないロッジ』翻訳

作成者
本文言語
発行日
収録物名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
概要 ドイツの作家ジャン・パウルの処女作(1793年出版)。モーリッツを感嘆させた作品。八年間地下で育てられた主人公グスタフの成長の物語。フランス革命を背景に当時のドイツ青年の伝記と称する一種の教養小説。スターン風な戯れのもと恋や友情と共に変革への意欲が抒情的にまた諷刺的に描かれる。
目次 1)『見えないロッジ』の序言等および第1扇形から最後の扇形まで 2)「アウエンタールの満足した学校教師マリーア・ヴッツの生涯」 3)「伝記と牧歌の読者に対する終わり鐘、あるいは七つの最後の言葉」 4)訳者による解説、あとがき

本文情報を非表示

Loge-1 pdf 2.11 MB 620  

詳細

レコードID
査読有無
主題
タイプ
登録日 2016.11.30
更新日 2020.10.09

この資料を見た人はこんな資料も見ています