<学術雑誌論文>
現代朝鮮語における〈n挿入〉の実現実態について(1) : 若年層ソウル方言話者を対象に

作成者
本文言語
出版者
発行日
収録物名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
概要 本稿の目的は,現代朝鮮語における,若年層(20代)ソウル方言話者の〈n挿入〉の実現実態を闇明するところにある。先行研究が指摘するように,〈n挿入〉には世代差や方言差が認められる。しかし,その仔細な調査は十分には行なわれておらず,〈n挿入〉の実現実態は明らかになっているとは言い得ない。そこで,本研究では,若年層ソウル方言話者に対象を絞り,〈固有語合成語〉,〈固有語畳語〉,〈固有語単語+ (이)요〉,...〈漢字語合成語〉,〈漢字語人名〉,〈姓+肩書等〉,〈姓名+肩書等〉,〈姓名+勾(訳)〉,〈本貫+姓〉,〈漢数詞〉における〈n挿入〉の実1現実態について,インフォーマント調査とその分析を行なった。その結果,若年層ソウル方言話者の〈n挿入〉の実現如何には,総じて後行要素の頭音が最も大きく関わっていることまた他にも後行要素の長さ,先行要素の末音,なじみ度,語構造,後行要素の第l音節の音節構造,語の長さなどといった多種多様な要因が抗衡しつつ,重層的に関与していることが明らかになった。若年層ソウル方言話者のこうした〈n挿入〉の実現様相は,いわゆる規範と懸隔しており,社会言語学的にも興味深いものである。続きを見る

本文ファイル

pdf tsujino_1687768 pdf 2.16 MB 890  

詳細

レコードID
査読有無
主題
ISSN
NCID
登録日 2016.10.22
更新日 2020.10.07

この資料を見た人はこんな資料も見ています