<紀要論文>
集中審理と迅速な裁判 : 訴訟指揮権拡大と裁判の合理化は何をもたらすのか

作成者
本文言語
出版者
発行日
収録物名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
目次 はじめに 一 新刑訴派の「集中審理」構想と司法の反動化 (一) 五三年刑事訴訟法改正と第一審強化方策 (二) 「集中審理」方式の確立 二 司法改革の裏側 三 訴訟運用の実態と判例の動向 四 新しい刑事手続と裁判所の役割 (一) 新しい刑事手続の導入と裁判所の機能 (二) 公判前整理手続と裁判所 五 公判前整理手続の運用状況 おわりに

本文情報を非表示

hosei76-4_p265 pdf 1.76 MB 1,039  

詳細

レコードID
査読有無
関連情報
主題
ISSN
NCID
注記
タイプ
時代・年代
登録日 2010.04.01
更新日 2019.09.06

この資料を見た人はこんな資料も見ています