<学術雑誌論文>
対米サービス貿易拡大要因の構造分析 : グラフィカルモデリングによる諸変数の相互関係探索

作成者
本文言語
出版者
発行日
収録物名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
概要 本稿では、所得水準、ITネットワーク環境、人的交流、共通言語(英語)といった対米サービス貿易拡大の諸要因について、それらが相互にどう関係しあっているか、グラフィカルモデリング(GM)の手法を用いて変数間の構造分析を行った。その結果、第1に、対米サービス貿易に直接的な影響があるのは、1人当たり国民所得とH-1Bビザ取得者数であること、第2に、低所得国ほど米国のH-1Bビザ取得による人的交流が盛んであ...り、それが対米サービス輸出の拡大をもたらす経路があること、第3に、ITネットワーク環境は所得水準やビザ取得の経路を通じて間接的に対米サービス貿易に影響していることが明らかとなった。続きを見る

本文情報を非表示

P034_043_InfoCom Review67 pdf 562 KB 267  

詳細

レコードID
査読有無
主題
ISSN
NCID
登録日 2016.07.26
更新日 2020.02.10

この資料を見た人はこんな資料も見ています