<紀要論文>
先読みによる文処理負荷の変化 : 日本語の主語関係節と目的語関係節を対象に

作成者
本文言語
出版者
発行日
収録物名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
概要 ここ10 年の日本語文処理研究において、しばしば取り上げられてきた話題の一つに、「主語関係節(SR)と目的語関係節(OR)の処理負荷の大小とその原因」がある。そこで行われてきた議論の中心は、主語関係節([ gap 議員を非難した] 記者)よりも、目的語関係節([議員が gap 非難した] 記者)のほうが主要部名詞(HN)と空所(gap)との間の構造上の距離が長いために、その処理負荷が大きくなるとい...うものであった。本研究では、OR の困難さの原因として、HN とgap 間の構造上の距離以外に、関係節構造を含む記号列であること、およびその関係節構造の種類が何であるかの2 つに関わる予測可能性が関わっている可能性を指摘する。そして、それらの要因を統制した場合にはOR のほうが読み時間が短くなるという事実を提示する。続きを見る
目次 1.Introductions 2.Predictability of relative clause structure 3.Experiment 4.General discussion

本文ファイル

pdf p293 pdf 591 KB 298  

詳細

レコードID
査読有無
主題
ISSN
NCID
タイプ
登録日 2016.05.13
更新日 2020.10.07

この資料を見た人はこんな資料も見ています