<紀要論文>
ポスト冷戦期における国際統合理論の視点 : オープン・リージョナリズムの批判的検討

作成者
本文言語
出版者
発行日
収録物名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
目次 はじめに 第一章 ポスト冷戦期の統合形態とオープン・リージョナリズム 一 ポスト冷戦期における統合の特徴 二 リージョンの概念 三 オープン・リージョナリズム 第二章 古典的な統合理論 一 バラッサ―機能主義アプローチ 二 ハース―新機能主義アプローチ 三 ドイッチュ―交流主義アプローチ 第三章 今日の統合を支える理論とその諸問題 一 ラズウェル=リンドバーグモデル 二 コンセンサス方式と統合の深化 二-一 共通の問題認識―PROBLEM=RECOGNITION 二-二 決定行動―DECISION 二-三 実施行動―APPLICATION むすびにかえて

本文ファイル

p083 pdf 2.50 MB 539  

詳細

PISSN
NCID
レコードID
査読有無
主題
タイプ
時代・年代
登録日 2010.02.18
更新日 2021.03.05

この資料を見た人はこんな資料も見ています