<紀要論文>
へーデマンの相續制度變遷論 : 特に封建制より資本制への過渡について

作成者
本文言語
出版者
発行日
収録物名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
関連DOI
関連URI
関連情報
目次 はしがき 一 總説 二 以前の狀態, (イ)十八世紀におけるフランス, (ロ)ドイツ、オーストリア、スウイス 三 相續法上の自由思想, (イ)後位相續人指定制度の廢止, (ロ)分割禁止財産の崩壞, (ハ)相續法上の分割の自由, (ニ)一般的遺言の自由 四 相續法上の平等思想, (イ)男性の優先, (ロ)長子權 五 兩思想の闘爭と妥協, (イ)フランスの立法, (ロ)結果―一つの妥協 六 展望―純個人主義的考へ方よりの・二十世紀の・轉向

本文ファイル

pdf p083 pdf 1.66 MB 215  

詳細

レコードID
査読有無
主題
タイプ
時代・年代
登録日 2010.01.21
更新日 2021.02.19

この資料を見た人はこんな資料も見ています