<紀要論文>
私法に於けるRechtsschein法理の展開

作成者
本文言語
出版者
発行日
収録物名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
関連情報
目次 一、Rechtsschein法理の觀念 二、Rechtsschein法理の私法への適用, (イ)動産の即時取得, (ロ)時效制度, (ハ)意思表示, (二)表見代理, (ホ)債權關係, (へ)有價證券制度, (ト)失踪宣告制度 三、Rechtsscheinの效力發生要件, (イ)外觀に善意無過失にて信頼せしこと, (ロ〉外觀信賴者の善意が客觀的基礎を有すること, (ハ)眞實の權利者が外觀發生に少くとも原因を與へたること, (二)以上の要件が一定期間繼續するを要する場合あり

本文ファイル

p135 pdf 2.85 MB 223  

詳細

レコードID
査読有無
地域
主題
タイプ
時代・年代
登録日 2010.01.21
更新日 2021.02.19

この資料を見た人はこんな資料も見ています