<紀要論文>
憲法イデオロギーとしての行政論 : ケルゼンの場合とシュミットの場合

作成者
本文言語
出版者
発行日
収録物名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
関連情報
目次 はじめに 第一節 "国家行政"論―ケルゼンの場合, 一 ケルゼンの行政本質論, ニ ケルゼンの行政政策論, 三 ケルゼン行政論の特性と限界 第二節 "行政国家"論 : シュミットの場合, 一 シュミットの行政国家一般論, ニ シュミットのワイマール行政国家論, 三 シュミット行政(国家)論の評価 第三節 ケルゼン“国家行政”論とシュミット“行政国家”論の対決

本文ファイル

p261 pdf 901 KB 360  

詳細

レコードID
査読有無
地域
主題
タイプ
時代・年代
登録日 2010.01.21
更新日 2021.02.19

この資料を見た人はこんな資料も見ています