<紀要論文>
企業価値と株主の評価 : 類型化による問題点の整理

作成者
本文言語
出版者
発行日
収録物名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
目次 はじめに 一 企業価値と株主の評価、株主価値に関する判例・企業価値研究会の立場, (一) ブルドック最決の捉え方, (二) 企業価値研究会の「企業価値」概念, (三) 企業価値の分配問題 二 本稿の視点 ―企業価値・株主価値・ステークホルダーの価値による類型化, (一) 企業価値・株主価値・ステークホルダーの価値による類型化, (二)「利益の収奪(移転)」と「信頼の裏切り」理論の成立可能性, (三) LBOの位置づけ 三 問題点の若干の整理, (一) 商事法と労働法の境界線, (二) 商事法の領域, (三)労働法の領域 おわりに

本文情報を非表示

hosei76_1_p061 pdf 1.11 MB 504  

詳細

レコードID
査読有無
関連情報
地域
主題
タイプ
時代・年代
登録日 2009.10.29
更新日 2021.02.19

この資料を見た人はこんな資料も見ています