<記事>
東アジアの中世交易 : 博多湾・有明海の輝き : 新春座談会

作成者
本文言語
出版者
発行日
収録物名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
目次 寧波から出航した宋商船団 交易船一艘で二〇億円(換算)の利益 南宋様式で復興された東大寺 九州沿岸に点在るす宋商の居留地 渡宋集団がもたらした生活様式 修羅山遺跡(久山町)で発見された薩摩塔 文化交流の影の主役は海の商人 博多湾から遠望する山林の聖地 元寇の目的物資は「硫黄」だった 有明海・菊地川河口にも貿易拠点 中世から生まれた伝統文化の原型

本文情報を非表示

Hattori_1547320 pdf 7.54 MB 258 修正版

詳細

レコードID
査読有無
ISSN
NCID
登録日 2016.01.06
更新日 2020.11.17

この資料を見た人はこんな資料も見ています